様々なパートナー(専門家)と連携して、中小企業支援&大家さんの支援に積極的に取り組む法律事務所です。

相談の流れ・費用

  • HOME »
  • 相談の流れ・費用

■まずはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせは、電話又はメールでご連絡ください。お問い合わせフォームはこちら

■最初は法律相談から始まります。

30分~1時間を目安に、法律相談を行います。287274
この法律相談の中で、概要をお聞きし、今後の流れ・方針をご説明しますので、まずは、資料(後述)をもってお気軽に当事務所にお越しください。
今後の流れとしては、大きく、以下の5パターンやその組み合わせになることが多いです。

①法律相談のみで終了(1回のアドバイスで解決)
②継続相談(次回以降も必要なときに相談いただく)
③書類の作成(各種契約書、遺言書・遺産分割協議書、本人名で出す内容証明郵便、本人名で裁判所に提出する申立書等の作成)
④事件の代理人として受任(示談交渉、調停、裁判等)
⑤調査受任(今後の方針を確定させるために資料を確認し、判例・法令等を調査する)

ただし、ご相談の内容は千差万別であり、また弁護士が勝手に進めることはありませんので、お客様とご相談しながら方針を随時カスタマイズしています。

■費用についてはご説明します。

最初の法律相談は、法律相談料をいただきます。法律相談料はご用意ください。
法律相談料は、次の3パターンとなります(別途消費税)。
(1) 市民法律相談料(個人) 30分単位で5000円(30分未満であっても5000円)
市民法律相談とは、事件単位で個人のお客様から受ける法律相談であって、事業に関する相談を除くもの。
(2) 事業に関する法律相談料(法人・個人) 1時間単位で2万円(1時間未満であっても2万円)
(3) (2)で、【初めてのお客様の場合】 初回1時間に限り、1時間単位で1万円(1時間未満であっても1万円)

法律相談の後、②~⑤のように仕事をご依頼いただく場合の費用については、今後の流れ・方針とあわせてご説明いたします。ご相談の内容は千差万別であり、お客様と相談しながら費用を確定していきます。
なお、お客様と費用について認識の相違があると良好な関係が崩れてしまう可能性があります。方針や費用についてご不明な点があれば、ご依頼される”前”に必ずご質問ください。
ただし、ご依頼いただく事件は全容が見えない”紛争”解決であり、また相手次第の面もあることから、予想もつかないような事態に発展することが多くあります。従って、ご依頼いただいた後にも、方針を変更したり、追加費用がかかる場合があります。もちろんお客様との協議の上進めますので、この点はご理解ください。

◇当事務所は、お客様のパートナーでありたいと願っていますので(コンセプトはこちら)、顧問契約をおすすめしています。

■当事務所の説明にご納得いただいた後は、契約となります。

当事務所の説明する方針や費用にご納得いただいた場合には、契約を締結し、業務を開始します。
お客様の方で、当事務所の方針とは合わなかったり、費用面で難しいと判断された場合には、ご依頼いただかなくて大丈夫です。逆に、当事務所でもお引き受けできない内容であったり、費用面で難しいと判断した場合には、当事務所からお断りさせていただいています。
扱う業務が感情的な対立を生む紛争解決であり、お客様と弁護士との信頼関係が継続しなければゴールにたどり着くことができません。従って、方針や費用というのは大変重要なポイントになりますので、契約するか否かは、互いに気兼ねなく行いたいと思っています。

◇なお、いわゆる反社会的勢力からのご依頼は絶対に引き受けません。ご依頼いただいた後に判明した場合には直ちに契約を解除いたします。

■法律相談の際には、関係すると思われる資料は全てお持ちください。

何を持って行けばよいか分からなければ手ぶらでも結構ですが、できれば、関係すると思われる資料をお持ちいただいた方がスムーズです。例えば、以下のような資料があります。ご参考ください。

【ご相談内容に関するもの】322371
◇取引に関する相談→取引基本契約書等の各種契約書、取引の概要が分かるパンフレット
◇金銭請求をする場合→契約書、見積書・請求書、入金経過が分かる通帳
◇株式等会社内部の相談→会社謄本、定款、内部規程、株主名簿、決算書
◇労働相談→就業規則、退職金規程等の内部規程、社員の履歴書・雇用契約書
◇何度か交渉を行っている場合→内容証明郵便、メール・LINE等相手とやりとりした書類

【当事者に関するもの】
◇初めての事業者のお客様→お客様の会社謄本、事業内容が分かるパンフレット・HPのプリントアウト等
◇相続等関係者が複数の場合→簡単な人物関係図(名前はフルネーム)を作成してください。
◇相手方がある事件の場合→相手方の会社謄本、事業内容が分かるパンフレット・HPのプリントアウト等

【時系列整理メモ】
◇これまでの経過を”時系列”で整理したメモをご持参いただくと助かります。特に、長い交渉や裁判等の歴史がある事件や離婚相談(出会い・結婚から現在まで)の場合には作成してください。
ただし、箇条書きで結構です。そのメモに書き込みながら深掘りして内容をお聞きしていきます。

ご連絡お待ちしております。 TEL 03-5207-2671 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP